2018年10月1日月曜日

不思議、不思議、世界は本当に不思議な場所。本当に無根拠に私は平安を感じてる。
「無目的に」「生きること」それだけを私は目標にしていたような気がする。

アリストテレスの目的論的な考え方に違和感を感じて、「だけどそれでは、目的に達しなかった時に」「すべてが」「無意味」だと感じてしまう。それが私はいやだったのだと思う。今を好きになること。それだけを私は目標として掲げてきた。

母親から電話がかかってくる。ほろ酔いの母。私の声を聞きたかったんだということがなんとなくわかる。それが私は嬉しい。目的のない電話。

目的のない会話。私はそれで十分。あなたのことを知りたい。それだけで、十分。

落ちるはずのない穴に、私は落ちていくのを感じる。困ったことだ、とは思う。困ったことだけど、それが自分の求めていたことだということもよくわかる。あなたのことが知りたい。私の心を動かすのは、そういう感情だけ。

0 件のコメント:

コメントを投稿