2018年7月13日金曜日

 朝浅い眠りから目をさます。夢に登場する人はいつも同じ。ゆっくりと自分の生活をふちどっていくような感覚がある。そういえば、下北沢のバラ商店をのぞいたら店内がからっぽになってた。三軒茶屋から茶沢通りを通って北沢にきた時、「冒険をしている」気持ちにしてくれたのはあの店だった。

 そこで買った1000円の小花ギャラのキャビネットを黄緑色に塗りたい。最近は黄緑色が好きみたい。

 姉が姪の動画を送ってくれる。姪が自分が「一人でねんねができた」ことを報告する。
「めをつぶったった」「すごいねー目をつぶったの?」「目をつぶれるなんて」姉の声は自然と柔らかくなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿