2018年6月30日土曜日

去年友人がくる時にばら商店で買った白い扇風機の風を体にあてながら本を読む。ソローの言葉の引用をした文章。ソローの文章に触れたとき、前は「お説教じじぃ」で片付けたのを覚えてる。お手本のような誤りのない言葉。誰にでも愛されるような、そういう。

だけど今回読んでみたらソローの言葉が自分にも届くのを感じた。ごくごく身体が飲み込むのがわかる。今なら信頼関係を結べるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿