2018年6月26日火曜日

 しばらくは扇風機で過ごすことにしてみる。部屋は暑いけど、風は気持ちいい。

 私はすぐに転ぶ。転ぶことが仕事みたい。昔からそう。私が転ぶことにいたるまでには数え切れないほどの選択ミスがある。少しの「ま、いっか」の積み重ね。といつも思う。
失敗をすると、それを続けていくとどういうことになるのか、わかる気がする。

 自分は価値のある人間、と信じるために私たちはいろんな嘘と手を結んで生きる。それはある種の取引で、私たちは自分の一部を差し出す変わりに、優越感みたいなものを手に入れていく。だけどそうやって取引を重ねていくうちに多くの人が自分自身が何者だったのかすら、忘れてしまうみたい。

 だったら私は優越感情は感じずに生きるほうが性にあってる気がする。
 
  修行僧の気持ちで日々を過ごそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿