2018年5月20日日曜日

 世界は、不思議な場所。そういえばこの前スターバックスに行った時に女の子たちが二人セルフィーのぼうを持って自分たちをずっと撮影していた。思わず見とれてしまうような顔つきをするのがすごく上手で、カメラに向かってずっとそういう顔を作ってる。

「人間じゃないみたい」となんとなく思う。自分たちの可愛さを世界に伝えたい、というのはとても不思議な衝動。それにともなう優越感情みたいなものに反応して、「へーんなの」と私は思う。

 さて、天気は晴れ。洗濯物日和。去年友人が家にやってきたときに買ったヘンテコリンなベディングをベッドに広げて、紅茶を飲む。お昼ご飯はサラダ、五穀米、ハンバーグにスムージー。

 私が哲学を好きになったのは、ある人がユーチューブで「ヴィドゲンシュタイン」について話している映像を見て、その語感にゾクゾクしたから。その人は大学の元同級生。
だからその人にあっていなかったら私も自分に思考力があるなんてことに気がつかなかったかもしれない。人との出会いがすべてをかえる。


0 件のコメント:

コメントを投稿