2018年4月30日月曜日


      二週間ほどまともに眠れなかったのに、昨日深い眠りにつくことができた。身体が深いため息をついているのがわかる。姉の家からの帰り道にツタヤに立ち寄り、久しぶりにみたいと思った映画を借りる。TRAINWRECK 邦題は「エイミーエイミーエイミー!」
 (それにしても邦題はよく面白そうな映画をつまらなそうな映画に変換してしまっている気がする。)エイミーシューマーを最近少し追っていて、彼女の主演している映画を見てみたかった。

  映画は彼女が脚本をかいて、彼女が演じている。相手役の俳優のビル・ヘイダーがいい感じ。脚本自体はどうだろう?結構ありきたりな話だなぁという印象。セックスアンドザシティの主人公を少し太った女のこに変えた、というような感じ。バカにしていたはずのチアリーダーに最後になっていることもうなづける。「根本的にはそんなに変わらないからね。」エイミーはチアリーダーがとても似合っていた。

 高校生のころに見ていたら好きだったかもしれない。

 でも、中途半端だなとどこかで思う。批判している対象に最終的になってしまう感じが、なまぬるい感じで好きじゃないのだと思う。最後のシーンは好きだった、のに。

 やっぱり現実から目を背けない強さを感じる映画が好き。

 映画を見ると好きな音楽が増える。ビリィジョエルの曲も好きになった。


0 件のコメント:

コメントを投稿