2018年3月22日木曜日

朝は肌寒く小雨だけど雨が続く。昨日夜髪の毛を洗ったのに、リンスーがきちんと流せてなかったせいか髪の毛が固まってる。
お天気のせいか、お店は比較的静か。おやつに奥さまが、ピリカラのサキイカを持ってきてくれる。スタジオに上がったときに「美味しかったです。お酒を飲みたくなりますね」というと、「仕事中に飲んだって別に構わないのよ。」と笑顔で答えてくれる。

先代の息吹、みたいなものを奥様の言葉から感じる。

エプロンにコーヒーをこぼしてしまったせいでエプロンがコーヒー臭い。

しばらくの間、放心状態が続いていた。勉強しようにも言葉がまったく頭に入ってこない。現実が、面白すぎて。私は現実にくぎづけ。久しぶりに散らかった部屋を整理する。掃除機をかけていらないものを捨てて、トースターの中も、炊飯器も綺麗にする。

掃除が苦手だから、綺麗にしても綺麗になったと思えないことが多い。

でも、なぜか今日は少し部屋が綺麗になった気がした。
多分ホワイトデーのことがあったからだと思う。ホワイトデーに何があったの?
私は姉に電話で話す。「謎がね、すべて解けた気がしたの。」
私の心の中にずっと存在していた衝動の正体がやっと理解できた気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿