2018年6月19日火曜日

 



 ワイドショーで紹介されていたDapumpのUSAを見る。イッサがなんとなく全体的に小さくなったような気がする。

 価値とみなしたものから養分をたくさん吸い取ってそれがなくなったらポイと捨ててしまう、寄生虫のようなこころの動きが私たちの中にはある。一度価値とみなされた人はその価値を保ち続けないといけなくなる。寄生してくる人々のお腹を満たしてあげないといけないから。それは大変なことだと思う。もしかしてだからイッサは一回り小さくなったのかななんてでたらめなことを考える。

 彼がそういう浮き沈みの中でもひそやかに活動を続けていたんだと思うと感心してしまう。私は愛していない人間に寄生されたら体を毒で満たしてしまう。言葉が苦くなり、二度と食べたくないと思うような代物を差し出して「これでよければどうぞ」と言い放ちたくなる。芸能人は大変なお仕事。

 ワタナベナオミの化粧動画を見ていて私も化粧が好きだということに気がついた。綺麗になりたい、という願望が強いからというより、自分が変わっていく感じを見るのが好きなのだと思う。「である自分」と「になる自分」老化を恐れてあれこれやる感じは好きじゃないけど、今の自分を演出する感覚はとても好き

 きゃわいい女の子たちがTiktokにきゃわいい自分をあげて、コメントに「可愛すぎる」と書かれて喜んでいる様子をみて、娘だったらと考えてしまう。ごんとげんこつ。「目を覚ましなさい。あっという間にばばぁになるのよ」と。ま、ババァに言われても聞かないだろうけど。
 友人が四十肩になったよババーだ。とメールをしてきたので、「私も小学生と遊んでて転んでけがしたよ。」と書いた後にこれはババアエピソードではなく、ガキエピソードだと気がついた。ババァになっても、大人になれるわけではない。ということ。

2018年6月18日月曜日

 掃除をしながら勉強をするのが最近は好き。苦手なことを克服していく作業は頭を使う。綺麗好きにはなれないけど、思考を整理するのと同じと思えば苦痛とは感じなくなる。最近は棚の中でずっと眠っていたもらいものの紅茶をよく飲む。朝はカフェインをとると頭がシャキッとする。
 散歩をする感覚で世界史を読む。風景を想像しながら、人々の顔を見ている気持ちで。そうすると感心がわかない部分の物語にも自然と興味が湧いてくる。「名前」として見つめるのではなく「感情」を見つめるつもりで。一人一人、丁寧に。

 産業革命は今まで人の手で作っていた製品を機械で作れるようになることで始まる。職人と言われていた人たちは職を失い、その代わりにたくさんの雇用が生まれ、人々が工場のある都市に集まるようになる。機械化された作業は単調なものが多く、労働者たちの多くは長時間労働を強いられる。労働条件は劣悪で機械によって怪我をしても、それを保障する社会制度も存在しない。労働者を安い賃金で雇うことで産業自体は潤っていく。中産階級が生まれ、「豊かな生活」をおくれる人々の層もあつくなっていく。

 アメリカでの産業革命はもう少し明るい印象を持った。工場を導入した新しい都市には若い独身の女性たちが集まり、彼女たちは仕事ができる、ということを喜んだらしい。
Lowell, Waltham という街に工場が集中したという。マサチューセッツにまた行く日がきたら、ここに行ってみたい。

2018年6月14日木曜日

  今日はお店は静か。時間もゆっくりと流れている気がする。でも、このお店にいると退屈な気持ちにならない。喫茶店で働いている時はよく、信じられないほど退屈な気持ちになったのに。退屈な気持ちで世界を見つめて「こんな現実の中に詩の断片を見つけるなんて、不可能」ってよく思った。

 一緒に働く女の人たちのことは好きだったけど、彼女たちの言葉を食べたあとはいつ失意に近い気持ちを感じたのを覚えてる。本当の意味では言葉が通じていないような、そういう感覚だった。本当は通じてないのに、言葉の意味だけがわかるから、なんとなくわかりあえてる気がしてしまう。だけど、そういう言葉の交換のあとに感じるのは孤独だけ。

 ここのお店の人たちに私の言葉は通じていると思う。私が投げる適当な言葉の意味を分解したりせずに、私が見たもの、知ったことを嬉しくなって報告しているだけだということを目を見てすぐにわかってくれる。「知ってた?自転車ってね、どこでもいけるんだよ。どこにでも行けてね、しかもお金もかからないの。まるでいきなり歩幅が大きくなったみたい。巨人になったみたい。」

 言葉には意味があるだけじゃない、言葉には波もある。私の言葉の波をキャッチしてくれる人はそのおかしな波動に反応して笑ってくれる。ナンセンスをナンセンスでかえてしてもらえると嬉しくなって鼻歌を歌う。

2018年6月12日火曜日

 昨日は夜中に電話をしていたので、もしかして眠れなくなるのではないかと少し不安になったけど、ベッドに潜り込んだらすぐに眠りにつくことができた。天気は曇り。半袖をきていると少し肌寒い。

 下北沢の本吉はフェミニズムの本に強い。いつか買ったリュスイリガライの本を手にとって音読してみる。そこに並べられているのは「記号」だということがよくわかる。印象としてはエレーヌシクスーやドュラスと同じような感じ?

 音楽はバックストリートボーイズがプチブームで聞いてる。私はロマン主義者だから、ロマンチックな音楽が好きなのよ。といったらやっぱりルソーに怒られる気がする。私は怒られてばかり。ドゥラスの小説の中に飛び込んでみる想像をしたこともあるけどドゥラスに雰囲気をぶち壊しにするという理由でつまみ出されてしまった。海辺の人気の少ないレストランで口数の少ない男女が詩的な言葉を交わしているところ私が相席をして、含笑いでかっこつけた会話をするのを見つめていただけなのに。

 イリガライはアリスについて触れているけど、私はアリスの世界の住人だからその世界についてはよくわかってる。なぜなら、私は白いうさぎばかり追いかけて生きてきたし、それで穴の中に落ちたし、猫が話すところも見たことがあるし、それに怒りの帽子屋さんにも出会ってる。奇妙な世界の住人たちがでたらめな言葉をあたりまえのように話すことにいちいち疑問を感じて怒られて生きてきた。私はアリス。といったらとてもナルシスティックな感じになってしまうけど。

  アリスは綺麗な水色のワンピースに金髪の髪の毛で、青い目をしていて、私はきったないジーパンによれよれのTシャツをきて、髪の毛はうまくセットできずにいつもゴムでまとめてるし年もアリスよりはだいぶ上だけど、そんなことは些細な差だと思う。

2018年6月11日月曜日

 誰もがルールの話をしてる。誰がルールを破ったのか、それを血眼になって探してる。
それを数多くを見つけた人が優秀であると思い込んでるみたい。誰かを非難することで得られる快楽を手放せないでいるだけなのに、その感情にを「正義」という名前をつけてもっともらしく正当化しようとする。

  私たちの無意識の中には数多くの神話が刷り込まれている。ニーチェは神は死んだといったけど、私は神は姿をかえて私たちの生活の中に潜んでいるだけだと思う。死んでなどいない。根強く生き残っていて、私たちの耳もとでおしゃべりを続けてる。
 
 私が「神」と呼ぶものは、私たちが妄信してしまう言葉のこと。私はその神話の一つ一つを丁寧にピンセットで抜き取って「それって本当?」と聞きたがる。「あなたはそういうけれど、それって本当なの?」の続きは大抵「そんなこと考えてもしかたないだろう。」いいえ、そんなことない、それが本当かどうか考えることはとても大切なこと。

 自分を良い人間だと思いたい欲望は誰にでもある自然な感情だとは思う。だけど、「正義」を語り他がる人の目は濁っていることが多い。濁った目で世界を見つめているのに、自分を正しいと信じ込む力が強すぎる。自分を正しいと信じ込む力、それが多くの人を盲目にする。朝からドライヤーをかけながらそんなことを考える。脳は土のようなおので、よく耕せば水は浸透しやすくなる。種をまき、水を与える、収穫の時期がくるまでは、じっとする方がいい。

2018年6月9日土曜日

 最近は中野図書館にいくのが好き。自転車に乗りながら音楽を聞いてると、すぐに世界はドラマチックなものになる。実際はドラマは苦手で、穏やかな波の中で生活することを好む。ニュースを見ているとびっくりするような出来事ばかりで「目の前でそれが起きたら私は失神してしまう」とよく感じる。

 哲学者たちはすぐに論理と感情をわけたがる。それはロマン主義者も同じみたい。だから私はロマン主義者の言葉を耳にすると「なんて理屈っぽいんだろう」と思うし、論理的な人たちの言葉を聞いてよく「まったくもって感情的だわ」と思う。「感情を完全に排除した論理的思考なんて存在しないのよ。オバカサン。」とヘーゲルにいったらやっぱり怒られる気がする。怒りっぽいのね、哲学者は。なのに理性的なんでしょ?おかしな人たち。
 中野にいくまでの道は生活感のある通りがたくさんある。この一つ一つのお店の中に人がいて、その一人一人が何かを感じながら生活をしている。と思うだけでドキドキする「世界は知らないことだらけ」「時間はいくらあっても足りない。」「すべてを知るのは不可能」

2018年6月8日金曜日

 ずっと疑っていたもの、ずっと違和感を感じていたこと、そういう言葉がどういう言葉なのか、私は理解し始めたのだとおもう。私たちは何もわかってなどいない。何かをわかったように語りたがるひとは、嘘をついてる。

 そのことに気がついたのはエレーヌシクスーの言葉に触れてからだと思う。彼女の言葉は私と世界の間に隔たりを作る。世界を意味で分解する人たちの言葉は、それを「知るもの」と「知らないもの」との間に距離をつくる。

 そこにひそむのは優越感情だと私は思う。

 トフルの問題集を解いているのだけど、下地に世界史があるので、どんな言葉も割とすっと頭に入ってくる。今日の課題文は一番最初のアメリカ小説家について。アメリカ独立革命前までは植民地にすむひとは正確にいえば「イギリス人」だったので、初めて「マエリカの小説」を書いた人はアメリカ独立後のアメリカ社会を小説にした人ということになるらしい。そこには「開拓精神」と「個人主義」が反映されているはずで、その定義に基づけば、James Fenimore Cooperという人がアメリカで初めての小説家ということになる。

 ほら、ここでも境界線の話。境界線を作って世界をどんどん整理できる人が「知的な人」だということ。だとすれば、やっぱり私は「白痴」なのだと思う。境界線が理解できず、あなたと私の間に隔たりがあることにも気づけず、すべての生き物とすぐにどうかしてしまい、飼い犬にも「お前は犬」と思われてしまうのだから。